リリース

社長は15歳の中学生!?韓国コスメ販売会社「CPC」設立

社長は15歳の中学生!? 韓国コスメ販売会社「CPC」設立

株式会社CPC(本社:新潟県新潟市 代表:平松 明花)が2018年3月に設立いたしました。
韓国コスメの通信販売を主事業とし、ECサイトを2018年4月に開設予定です。

設立記念レセプションパーティを開催
2018年3月18日に株式会社CPC(以下CPC)設立を記念して、新潟県新潟市の本社にてレセプションパーティーが開催されました。
会場には代表取締役である平松 明花さんの同級生をはじめとした中高生を中心に、出資元である株式会社モザイクワーク代表取締役社長の杉浦二郎氏、地元テレビ局メディア等、総勢40名以上の多くの来場者で賑わいました。

パーティーは社長の平松 明花さんが、実際に韓国で買い付けを行っている映像の上映会からスタートし、ビュッフェスタイルでの立食会、韓国コスメの試用・即売会などが行われました。

パーティー中は地元記者やカメラマンによる撮影だけでなく、参加者の過半数以上が中高生だったこともあり、スマホを使っての写真・動画撮影やSNS投稿が会場の至る所で行われていました。

本格韓国コスメを中高生でもお求めやすく、もっと身近に
最新の韓国コスメやスキンケア商品を、中高生がお求めやすい価格で提供し、「かわいい」をより多くの人に広めることをモットーにCPCは設立されました。

代表取締役である平松 明花さんは新潟在住、15歳の中学3年生。
取り扱う商品は全て、彼女自身が韓国に出向き、買い付けに行っています。
最近では韓国人のコスメ店員と1対1でやり取りすることも多く、現在韓国語を勉強中とのことです。

そんなCPCが取り扱う商品は、社長と同世代の女子中高生をメインターゲットにしており、「韓国の最新トレンド」と「日本の中高生の流行」の両方にマッチしたものを数多く取り揃えています。
また、「おしゃれに興味のある10代に、本格的なコスメを使ってもらいたい」という思いから、中高生のお財布事情に気を遣った価格で提供しているのも特徴の1つです。

新潟在住15歳の中学生社長 将来の目標は「女優」
CPC代表取締役である平松 明花さんには、中学生、社長という2つの顔に加えて、「女優」という3つ目の顔があります。
彼女は元々、起業そのものが目的ではなく、将来の夢である女優として芸能活動をしていく上で、収入の柱をもう1本作ることが目的だったそうです。
大学を卒業したら企業することを決意していたところ、海外で13歳の学生が起業したというニュースを偶然目にし、「自分も負けていられない」と急いで15歳で起業に至ったとのこと。

そして女優として美容に関心を持ち始めたことから、自分が実際に使用してよかったものを、全国の同世代にシェアしたい気持ちから、韓国コスメの販売を決意。

「中学生・社長・女優」の3本柱で活動する彼女からは、今後も目が離せません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【株式会社CPC 概要】
所在地:新潟県新潟市中央区西堀通 3番町258番地48Sビル2階
販売サイト:2018年4月開設予定
電話番号:070-3193-7365
メール:shinofalse.2@i.softbank.jp
Instagram:@cpc_mosaicbox
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

text by マッツォ/mto819

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です